伏木田 稚子

(ふしきだ わかこ)

東京都立大学 大学教育センター 准教授

東京大学大学院情報学環・反転学習社会連携講座(FLIT)特任助教、首都大学東京 大学教育センター助教、同センター准教授を経て現職。博士(学際情報学)。

「かかわりの中で問いながら学ぶ」をテーマに、学習環境が人々に与える心理的な影響を研究。ゼミナールでの学びを調査する一方、知の探究を目的とする反転授業、初年次教育でのレポートライティング、大学生や市民を対象とした情報リテラシー教育などの実践・評価に携わっている。

最近の研究成果として、「教員からみた学部ゼミナールの授業外活動が有する価値の検討-人文学・社会科学・総合科学に着目して-」(日本教育工学会論文誌44号)「認識的準備活動を導入した統計の基礎を扱う反転授業の実践と評価」(日本教育工学会論文誌44号)「学部ゼミナールの授業外活動における他者とのかかわりと苦労や困難に関する一考察」(日本教育工学会論文誌43号)、「Role of Video Lectures in A Flipped Classroom: How Is Knowledge Applied in Collaborative Learning?」(Proceedings of EdMedia)などがある。

メールアドレス

fushikida-wakako[at]tmu.ac.jp

[at]を@に変換してください。

住所

〒192-0397
東京都八王子市南大沢1-1 東京都立大学 情報処理施設104